2014年1月1日

☆新年あけましておめでとうございます☆

旧年中は、格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
本年が皆様にとって、輝かしい年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。


 2013年度は、富士山が世界遺産の仲間入りを果たし、更に五十六年ぶりに東京でのオリンピック・パラリン
ピックの開催が決定し、日本が世界から注目された一年でした。
 また、当社におきましては8月に新会社として『株式会社Acure』を設立し、インターネットカフェ
『NANA』をオープンし、先月の12月27日にはアビバ新杉田店のオープンを盛大に迎えることができ、 いずれも順調な滑り出しを切ることができました。
この厳しい経済状況下にも関わらず、新規店舗、新規事業を立ち上げることができましたのも、これもひとえ に、皆様方のご愛顧の賜であると、心より感謝申し上げます。

 2014年度は、消費税率引き上げで景気が大きく変動することが予想され、パチンコ業界も大きな課題を抱え
ることになることが予想されます。
 これからは景気腰折れに備える『守り』の姿勢ではなく、経済の好転を自ら牽引していく『攻め』の姿勢で自ら 行動することが重要だと考えます。アビバは社員一人ひとりが自ら率先して経営課題の問題に一早く気付き、 それを未然に防止し、早期に解決していくことのできる集団を目指します。
 そして、オリンピック東京開催を勝ち取った日本代表メンバーのように、チームワーク良く、お客様の
『もっと』をもっともっと追求し、常に最高のサービスを提供できるように日々の業務に邁進していく 所存です。

 グループ会社である株式会社アビバは、お陰様で今年創立20周年を迎えます。現状に驕ることなく、 これからも常に笑顔を持ち続けること【ALWAYS SMILE】を忘れずに、「地域から愛され、社会から必要と される企業」を目指し、お客様のご期待に添えるような事業領域への展開を更に広げ、飛躍していきたく 存じます。
どうぞ、今後ともアビバグループ各社に変わらぬご支援ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
 皆様の本年のご健勝とご活躍をお祈り申し上げまして、新年のご挨拶とさせていただきます。

平成26年元旦
                      株式会社アビバホールディングス
                           代表取締役社長 光山 富夫

▲TOPへ戻る